アニメ(海外の反応)海外の反応

チェンソーマン作者の新作読み切り『ルックバック』が無料で公開中 日本だけでなく海外でも大きな反響考察も【海外の反応】

海外の反応

(内容についても言及しています)

読んで本当に泣くとは思っていませんでした;;
なんて素晴らしい読み切り

↑同じく、ただただ座って泣いています…

↑読んでる途中ですが、泣かないように休息中です…

正直、何を期待していいのかわからなかったのですが、
期待を見事に超えてくれました。

ところで…

今日は京アニ放火事件から2年です。
藤本タツキは特に涼宮ハルヒの大ファンでした。

↑犯人が「オレのをパクったんだっただろ!?」って行った時、実在の放火犯に触発されたものであることに気づきました。
あれはとても悲惨な出来事でした。

今日がその日だったのですね…知りませんでした。教えてくれてありがとう。

↑また、ハルヒの監督は放火事件で犠牲になった方の一人でした。

間違いなく藤本に大きな影響を与えたでしょう。

「もしも…」の部分に、とても魅了されました。
確かに悲劇に見舞われた時、人々は「もしも」を想像し、何ができたのか悔やむことがあります…

↑「もしも」のシナリオでも、藤野は京本に合わない世界を想像することができなかった。
冒頭の「ファーストキス」の伏線がすごく効いてる…

ああ…藤本が得意な「ガツン」とくるいい話だった。

67ページの背景の一部、ファイアパンチのドマの家だね

↑66ページの電話ボックスは、デンジが40章でレゼにあったものと同じ

↑107ページの絵は、チェンソーマンのデンジ達のドアだ

この作品のタイトル「ルックバック」は、Oasisの曲「Don’t look back in anger」からきている。

最初のページ右上にある黒板と、最後のページの左下にある雑誌をみてくれ。すごいなこの人

藤本は俺の神だ。

↑ええ、最初きいて鳥肌が立ちました。
思わず「えっ、ウソでしょ」と声に出したよ。


ドント・ルック・バック・イン・アンガー

こういう、思いがけず腹に響く話はとてもいい。藤本さんが描いてくれてよかった。
彼は私のお気に入りの漫画家になりつつある。

私は現在20代半ばですが、これまでになんにもの大切な人が、不幸な形で亡くなりました。
詳しくは書きませんが、藤野がやった「別の時間軸」を想像するという行為は、私がよくやっていたことです。
確かに「その時間軸」では状況がよくなっていますが、それはただの空想です。

好きなだけ悲しんでも、現実の世界は続いていきます。
いくら気分が良くても、永遠に空想の世界で過ごすことはできません。それが藤本のメッセージなのか、わたしにはわかりません。
京アニ襲撃事件へのオマージュなのか、個人的なものなのか、はたまたその両方なのか

ただ、藤野がマンガ制作に戻る姿を見せてくれたことには感謝している。
それは「痛みをなくすために働く」ということではなく「いずれ前に進める」ということを示しているから

参照

 

guest
1 Comment
古い
新しい 最も投票された
インラインフィードバック
コメントをすべて表示
 匿名
匿名
1 年 前

泣いてしまったよ。。、

1
0
あなたの考えが大好きです、コメントしてください。x